一生に一度だからこそ失敗できない!住宅ローン借り換え

人生で一番大きい買い物だからこそ失敗できない!

メインイメージ

借り換えをうまく利用すれば得する

借り換えをするからには確実に得をしたいでしょう。借り換えによって得をするためには一定の条件を満たしておくことが望ましいです。
また、得をする額は少しでもいいと思っていると最終的に損をするかもしれません。大きな金額を得したいと考えて考慮しておいたほうがいいでしょう。

借り換えによって得をするために必要な条件は、返済残額が1000万円以上あること、返済期間が10年以上であること、借り換えることによって金利が1%以上低くなることです。
このような条件を満たしているほど得をすることができます。

そもそも借り換えによって得をするためには、利息として支払う額をすくなるすることになります。条件をぎりぎり満たした状態で借り換えをすると50万円ほど得をすることになります。しかしこれでも足りないと考えられるのです。それは借り換えの際にかかる費用が大きいからです。

住宅ローンの借り換えには手数料など費用がかかります。一般的には数十万円ほどかかるのです。そうなると50万円ではギリギリ得をすることができるかどうかということになります。出来ればもっと得をしておきたいのです。

保証料が借り換えの際に返ってくることもあり、ある程度の手数料は抑えることができるようになっています。保証料無料の機関を利用するなど手数料を抑える工夫が必要かもしれません。住宅ローンのプランによっては条件も少し変わってくるかもしれませんね。
住宅ローンの借り換えの際には、諸費用がかかります。新規に契約した際にも費用がかかったと思いますが、そういった費用は借り換えの際にもかかるということを知っておきましょう。意外と多くの費用が必要になるので、注意しておきたいです。

必要な費用を把握

a0002_011580
ローンを借り換える際に必要な費用になるのが、印紙税や事務手数料、抵当権設定費用、保証料などです。
この中でほとんどが数万円程度の費用になりますが、保証料は高額で、数十万円することになります。最近では保証料が無料の金融機関もありますが、それも他の所で費用がかかっているので、最終的には必要な費用だと思っておきましょう。どうしても契約の際に大きな費用を払うことができないという場合には、この保証料無料の金融機関を利用することで、初期費用を抑えることができるかもしれません。もっとも、保証料で取れない費用は事務手数料などに加算されていることがあるので、その場合には結局同じだけの費用がかかるかもしれません。低金利 住宅ローンを探すならホムロンを利用して本当に必要な費用を算出しないといけません。

借り換えをする際に融資してもらう金額は、現在借りているローンの残高になるでしょう。しかし、それだけでは足りないかもしれません。手数料などの諸費用分も融資を受けるということも可能なので、検討しておいたほうがいいでしょう。
特に返済をする際に繰り上げ返済手数料や、抵当権抹消費用などがかかります。そういった費用を考えておかないと、手続きの際に費用がかかってしまい、出費になってしまいます。

借り換えの際には費用がかかるということを念頭に置き、住宅ローンの借り換えを検討しましょう。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし